ここはライター大塚幸代の雑記のサイト、日々の凧あげ通信です。hibi@hc.her.jp http://twitter.com/yukiyoo/
彼は/失踪/しない:アーカイブ
書評ってどっちかっていえば苦手なんスけど、こんなん書いたりしてました。
---

彼は/失踪/しない

「時々考えるんだよ。ふらっと電車に乗って、どんどん遠くまで行って、今までの仕事も人間関係も全部捨てて、知らない街で暮らす。単純作業の、肉体労働の職を見つけて、質素なアパートを借りて。狭い畳の部屋で、荷物はほとんどなくて、置いてあるのはCDラジカセが一個、みたいな。誰とも仲良くなることなく、結婚もしない。上司に怒られても半笑いであやまりながら、腹も立てないで、そこで淡々と一生を暮らすんだ」
……というようなことを、うっとり夢見る瞳で語る男性はたいてい、都会で、比較的恵まれた職業についている人だ。
私はなぜか、そういう話をされがちだ。そのたび、「そんなこと考えてるんだ〜」なんて心配顔で聞くふりをしながら、たいてい腹を立てている。
だって、ここではないどこかに行きたいだなんて、いま一緒に過ごしている私に対して失礼じゃないか。酷いことを言ってる自覚もないだろうが。そもそも、「俺は普段は社会性あるけど本来はモラトリアムで憂鬱で狂ってるんだ」なんて甘えた愚痴を女に言っちゃう男は、死にたい死にたいと言ってる人が意外と自殺しないように、 失踪しないと思う。失踪出来ないくせに逃げたい逃げたい言うな! ああもう、怒るのも面倒くさい。
吾妻ひでお「失踪日記」は、本当に失踪した作家の記録だ。いつもの、あの丸くスウィートな絵と淡々としたリズムで、ホームレス生活や失踪中の配管工生活、アル中闘病生活が描かれる。
実際失踪することも、それをマンガに描いてしまうことも、とてもじゃないけど常人には出来ない。「憧れ」の生活だーーー。
失踪しない彼は、これを読んで、ちょっとした失踪気分を味わうのだろう。そして失踪しない生活を続けるのだ。他に方法はない。

(『クイック・ジャパン』への寄稿でした。何号だったか忘れた…05年頃です)

失踪日記
失踪日記
吾妻 ひでお
| 寄稿アーカイブ | - | trackbacks(0)
世界のバーゲンに行っちゃうわよ!
■旧正月、クリスマス休暇……世界のカレンダーを把握して、バーゲンに行っちゃうわよ!

寒い寒い冬。「つ〜まんないなあ〜何かしたいなあ」とブーたれている時、思い出したんですが、そういえば、この時期、海外旅行がメチャクチャ安いじゃないですか!?

ロンドン、パリ、ニューヨーク……もちろん北半球の都市はどこも真冬! 寒いし、観光には不向きかもしれないけど、お買い物には絶好の時期。だって冬物一掃バーゲンがやっているんですもの!

でも確か、香港や台湾など中華圏は「旧正月」というイベントがあったはず。お正月だとお店が全部お休みになっちゃってて、行っても遊べない、という事態に…。

そう、世界のこよみと日本のこよみは違います。旅行行くときは、気をつけないとちょっとマズい。
そこで世界のカレンダーを調べてみました。これを頭に入れて、賢く海外に行っちゃうべし。

■香港、台湾……中華圏の「旧正月」ってなに?

「旧正月」ってたまに聞く言葉だけれど、一体コレってなんなんでしょう?
日本のカレンダーはお日さまの動きに従った「太陽暦」だけど、中国のカレンダーは「太陰暦」といって、お月さまの満ち欠けを基準にしたこよみ。
太陽暦の1年は365.25日、太陰暦だと354日なので、11日も短いのです。
でもそんなに短いと、どんどん季節とズレていっちゃいます。
そこで、季節とズレないように修正を加えたのが「旧暦=太陰太陽暦」で、中国や韓国、ベトナムなどが使っているのが、コレなのです。

旧暦の正月=旧正月は日本のお正月と同様、仕事もお休みになって、田舎に帰って過ごすんだそう。だから観光に行っても普通にショッピングなどをするのは難しいのです。

たとえば香港の2007年の旧正月は、2月18日-20日ですが、18日が日曜にあたるため、 その前の日が祝日となり、17日-20日まで4連休となるそうです。
旧正月は、前日の夜には家族が集まって水餃子を食べて、魔よけの爆竹をバンバン鳴らして、派手に新年を迎えるとか。
旧正月中は、一般のお店、市場、レストランなどほとんどのお店がお休み。しかも道は大渋滞。
ちなみに服は、旧正月に向かって、バーゲンモードでどんどん値が下がるらしいです。香欧米一流ブランドも、セールになるこのが魅力です。

■欧米の休みはクリスマスとイースター! それっていつ? 

欧米で、日本の「盆暮れ正月」にあたるのが、「イースター休暇」と「クリスマス休暇」。

クリスマスは日本ではお祭り騒ぎだけど、キリスト教圏ではたいせつな行事。
たとえばロンドンでは、クリスマス休暇(12月24日〜26日)は、観光施設、お店などみんなお休み。12月25日には地下鉄も全面的に運休になっちゃうとか。

バーゲンはクリスマス休暇あけ、12月27日頃から1月末まで。

また、パリでは1月8日から2月15日までバーゲン。
値引率は終わりに従ってどんどん上がるので、行くタイミングが難しそう。

「イースター(復活祭)」は春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日……なので、毎年日付けが変わります。ちなみに来年は4月8日、前後に学校などはお休みになるとか。

「キリストが40日間、断食して荒野をさまよった」という修行に習って、イースター前の40日間は肉、卵、油、乳製品などを控えて、結婚式などのお祝い事も避けるんだそう。

観光施設などのオープンは、イースター後が多いので、その時期海外に行く人はチェックすべし!
---

携帯メルマガへのテキストです(2003年12月寄稿)。内容は現代に合わせて微調整してみましたので、書いてあるのはイマの情報。参考にして頂いてもダイジョブです。しかしコレ、いかにも携帯への情報ですよねえ…。「自分語り」ゼロ。こんな仕事もやってます。
| 寄稿アーカイブ | - | trackbacks(1)
アーカイブ!
過去アーカイブを作ろうと思っています。ぼちぼち。
転載しても良さそうなものを、気が向いたら載せます!です。
地味にやってきます。ヨロシクラブ
| 寄稿アーカイブ | - | trackbacks(0)