ここはライター大塚幸代の雑記のサイト、日々の凧あげ通信です。hibi@hc.her.jp http://twitter.com/yukiyoo/
<< 美しいのに劣等感だらけで、自分を切り裂きたい女の子 | TOP | ホットヨガ教室で、妙齢の女性たちを眺めながら >>
アイスリボン:変わる少女たち

3/20、女子プロレス団体「アイスリボン」を後楽園ホールで観てきました。
これで生プロレス観戦が4度目なんですが、いまだにひとつも技を理解してないので
ショーとして観てしまうのですが(いいのかなこの見方で)、
さくらえみさん(立ち上げた人&育ての親)が退団して三ヶ月、随分雰囲気が変わっていました。
それぞれのキャラが、好きな方向に伸びている感じで。
楽しく安心して観れるぶん、緊張感は減っていたような気がしました。
少女の痛々しさ、成長する姿を眺めるのがアイスリボンの特徴なのだったら、
それよりも、もっと興行寄りになっていたような。男の人が作った世界の上で、女の子が動いてるように見えたような。
もちろん、実際どうなのかも全く知らないし、どちらがいいのか、分からないけども。
でも、こっちのほうが、メジャー感あるのかもしれない。

しかし、こう、アイスリボンも楽しいんですけど、さくらえみさんがタイで女子プロレス団体を立ち上げる! っていう新しい無謀な計画のほうが、見ててワクワクします。立ち上げ興行、見に行きたいなあ…(タイに)。

あ、ハイパーヨーヨというアイドルグループが観覧に来ていて、衣装も着てて、物販もやってらっしゃって、びっくりしました。後で知ったんですが、アイスリボンとコラボでイベントもやってるんですね。
ももクロはプロレスアプローチで成功してるけど、プロレスそのものに関わるのって、どういうイベントやってらっしゃるんでしょうか。想像つかない…。

| - | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.hibi.her.jp/trackback/995529
トラックバック