ここはライター大塚幸代の雑記のサイト、日々の凧あげ通信です。hibi@hc.her.jp http://twitter.com/yukiyoo/
<< アイスリボン:変わる少女たち | TOP | 顔が覚えられない病 >>
ホットヨガ教室で、妙齢の女性たちを眺めながら
注:動画はイメージです。

ホットヨガをやっています。なんと、今年で3年目になります。
しかし、なかなか痩せません。加齢の体質変化と、飲み会のせいかしら。
鏡の前で全身をうつすたび、「なんだこれ」と思います。いやーな感じに太ってるんだよね、おでぶちゃんって言う感じの可愛らしさもなく、バランス悪ーく肉が付いている。昔はもうちょっと、なんとかなってたんだけどねえ。
渋谷系ライターでは、もう、ないねー。はは。
まあ、健康維持のためにやっております。そして、長年の睡眠障害の改善のため。
そもそもが、体験で一回入った時に、あんまりにも、あんまりにも汗だくで、体機能最低の出来ない自分にショックを受けて、入会したんです。
平日昼間に行き放題で月1万円という、いちばん安いプランで通っております。ほぼ毎日通って、ついでに買い物とか済ませたりしてるんですが…。
なんかこう、いつまでたっても「ヨギーニ」感が出ないというか。なぜかしら。
そして昨年からは、「熱い中でフラダンスをする」という、ホットフラのクラスもとっております。もう7曲くらい踊れるよ。
「パンクあがりの渋谷系あがりのサブカル女(いやな感じで太ってる)が、汗だくで踊りを踊っている」と思うと、自分でも笑けてきます。いや、ダンスするなんて、自分の中ではありえない姿だったので。「身体をひらくって、どんな感じなんだろう?」って興味がわいちゃったのが、いけなかった。
分かったこと。自分のダンスセンスのなさ! 覚えの悪さ、完成度の低さ。
「あ、私、根っからの文化部体質」ってことは自覚しました。それだけでも収穫。
もし来世、美少女に生まれ変わっても、踊れないからアイドルにはなれないね!

3年も通ってると、顔見知りさんが出来たりします。みんなの素性も分かってきます。
私みたいな、独身自営業なんてのはほぼいなくて、主婦の方が多数。すごく若く見えるのに、「中学生になる子供が二人いるの〜」なんてことも多々。もちろん、子育てが終わったような、年配の方もいるけど。
そして彼女たちを見ていて気が付いたこと、
「誰かと、喋りたい」
という意識をものすごく感じるのです。
私みたいな、変なファッションの、時々ブーツを裸足ではいてくるような、得体のしれない変な女にも、話しかけてくれる。
私、女子の才能が薄いせいか、「女の子=お喋り」っていう文化に、あまり混ざったことがなく。
「喋りたい」って、さみしい感情がそうさせるってこと、よく知らなかったんですよね。バカなので。

喋りたがってる女の人は、みんなどこか寂しそうで。
ヨガ教室だと、まあ基本、スタジオ内ではお喋りナッシングなんですわ。
フラダンスのクラスだけ、ふわあっと笑顔を見せる皆さんに、
なんかちょっと、ぐっときちゃうんですよね。

自分も女だしヘテロなんだけど、女という生き物が、まだ把握出来ておりません。
さあて、続けて潜入取材をするぞ!









| - | - | trackbacks(1)
この記事のトラックバックURL
http://blog.hibi.her.jp/trackback/995530
トラックバック
2012/05/10 6:42 AM
教室に通わなくても素敵なフラダンスが簡単に踊れるように なる方法をお教えします。
自宅でかんたんフラレッスン